譲渡前の注意事項
  • 減点制度:香港のレストランライセンスは減点制度を実施います。食環署は飲食業界における食物衛生及び安全法令に関する違法行為の取り締まり、処罰を点数で管理しています。レストランの減点記録は12 ヶ月間にて累積されます。
  • 減点制度はレストランに対して実施され、レストランライセンスの所有者ではありません。よってライセンス譲渡の際に、そのレストラン減点記録が現ライセンス所有者から申請者へ移動します。
  • レストランの減点記録は食環署内部の機密資料で、現ライセンス所有者以外には非公開なっています。よって現ライセンス所有者と申請者はまず双方共同で減点記録の確認を行うことを薦めます。申請は、食環署職員の前で双方署名を行えば、減点記録の確認が出来ます。
譲渡申請資格及び基本的要求
  • 譲渡の際、当該場所がレストラン経営に適切かどうか、下記3 つの観点から再度審査が行われます。
    • 当該場所に違法建築工事(違法建築)がありませんか。
    • 当該場所が政府賃貸契約の条件に適合していますか。
    • 当該場所が法定図面の規定に適合していますか。
  • レストランライセンスの譲渡の際、ライセンス発行局が行う審査を受なくてはなりません。ライセンスは新規申請或いは譲渡に関わらず、当局から要求される基本的条件との適合が必須なのは同様で、譲渡の際にも当該場所が飲食業経営に適切であるかどうかが重要となります。
  • 譲渡申請の提出
    • 申請者はレストランライセンスの譲渡申請を行い、新規申請と同様、個人名義でも会社名義でもよいです。
    • 会社名義で申請を行う場合、当該会社より授権代表者の任命が必要で、授権代表の資格は新規申請と同様です。
譲渡手続きのフロー及び所要期間
  • レストランライセンスの譲渡手続きは新規申請と同様です。食環署が譲渡申請に対し反対がなければ、次に屋宇署に提出、並びに消防署の視察が行われます。違法建築があった場合、屋宇署及び消防署は申請者に対し撤去を要求する場合もあります。申請者は屋宇署及び消防署の規定どおり履行すれば、食環署は譲渡申請の批准を与えます。所要期間は違法建築工事の有無等によって違います。
  • 下記の条件下では所要期間は約1〜3 ヶ月です。
    • 全ての提出書類に不備がありません;及び
    • 現ライセンス所有者及び申請者双方が当該ライセンスの減点記録に反対意見がありません。
ライセンス譲渡費用
  • 譲与者が既に納付しているレストランライセンス費用は、譲与者と被譲与者双方の協議によりライセンス有効期限内の費用の負担者を決定できます。
  • 食環署の批准後、被譲与者は名義変更料としてHK$140 を支払います。
  • 名義変更料は固定費用であり、レストランの面積やエリアによる違いはありません。

【営業許可】地産代理監管局ライセンスC-040336 奇力地產有限公司 ©Click Property Agency Limited (C-040336) All Rights Reserved.

読込み中です...しばらくお待ち下さい
読込み中