飲食業へ投資する際のその他注意事項
現在、香港ではインフレが大きな問題となっている。不動産賃料や食材や人件費が高騰し、それに加え法定最低賃金値上げの実施は、必然的に飲食業経営のコスト増加を招いています。販売価格の値上げ調整、リストラや店舗閉店を迫られるところも出てきており、飲食業界へ投資、開業前にさらに下記事項にも注意及び考慮しなくてなりません。
  • 店舗場所を選定する際に、ライセンス発行条件に適合するか、また実用的であるかどうか以外に、付近におけるライバル店の有無などエリアの特徴・詳細にも留意すべきです。
  • コスト削減のため、内装業者にライセンス申請を依頼する場合もありますが、ライセンス申請には多くの専門的知識が必要となり、一般の内装業者では対応が出来ない為、投資者は専門家に依頼し、申請代行してもらうのも考慮できます。
  • ライセンス顧問や内装業者との契約期限や内装完了やレストラン取得時期を決める際に、店舗の家賃無料期間をはっきり伝えるべきです。指定日前にライセンス取得及び内装工事を終了させるよう要求し、予定が遅れ、無駄な賃料が発生しないようコントロールする事を薦めます。
  • 多くの料理人は自分の「仲間」を持っています。スタッフを募集する際は、まず彼らに相談をしてみる事が大事で事半功倍なる可能性があります。
  • 労働法に従い、スタッフの安全に注意を払い、労働保険及び強制積立金の手配(MPF)を行う必要があります。
  • 一般的に食材購入は料理人が行う。投資者は料理人の意見を尊重しながらコスト、食材の質や購入量に注意を払う必要があります。
  • 企業の内部統制強化は、企業の健全な発展、売上向上にも繋がります。食材の購買制度、品質管理を強化することで購買コストのコントロールに役立ちます。

【営業許可】地産代理監管局ライセンスC-040336 奇力地產有限公司 ©Click Property Agency Limited (C-040336) All Rights Reserved.

読込み中です...しばらくお待ち下さい
読込み中